Amazonマーケットプレイス返品!出品者へ返金された事例とは?

Amazon返品0-1

Amazonでの販売は、毎日本当にいろんなことが起こります。

その中でも一番イヤなのが、商品の返品ですよね!!!

今回は、今まで私が経験した返品事例で、Amazonに代金の保証をしてもらえたケースと、してもらえなかったケースについて、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

Amazonマーケットプレイスのありえない返品事例

Amazon返品事例1-1

Amazonで商品が返品になった場合、「あー、これはこっちのミスだ、仕方ない!」と思えるものもありますが、「うわ、そんなことするの!?ちょっとそれ、人としてどうなの!?」と思うものも出てきます。

今回の記事では、私が今まで経験した中で、「何それ!?そんなことする!?」とびっくりした返品事例3つと、それぞれAmazonから返金してもらえたか、ということについて、書いてみたいと思います。

ケース1:付録付き雑誌の返品

まずは、FBAに出品した付録付きの雑誌です。商品はこちら!

当時とても人気のある雑誌だったので、3冊目のリピート出品でした。

100円でも売っていたのですが、そちらは付録なし。付録つきだと300円ほどの価格だったのですが、迷わず付録つきを仕入れました。

その時も出品3日で1,800円ほどの価格で売れて、「おっしゃー、3冊目も売れたー!」と喜んでいたところ、2日も経たないうちに「付録がない」という連絡が入りました。

わざわざ付録付きのものを買ったので、「絶対ウソだ!」と思ったのですが、写真を撮っておかなかったこと、それからその時は個別のビニール梱包をしてなかったので、証拠がないとのことで、Amazonには補償してもらえませんでした。

Amazonに代金を補償してもらおうと思ったら、写真などの証拠は必須です。そして、家電などと違って、本にはシリアル番号がありませんので、商品のSKUに購入日や納品日を入れる、同じ日付で写真を撮影する、などの工夫が必要になります。

正直、ちょっと手間です(-_-;)

商品価格によっては、そこまでやっていないものもありますが、それ以来、付録付きの商品はビニール梱包&写真必須で出品するようにしています。

ケース2:新品大型本の複数返品

Amazon返品事例2-1

次は、FBAに出品していた、新品大型本のケースです。

同じ人が1週間の間に4冊購入してくれて、「おお~、ありがとう~!!」と思っていたのですが、なんとその後、全部返品してきました(-_-;)

返品理由はバラバラで、”欲しかった版と違った”、”お届け予定日に届かなかった”などなど。

結局、その人が購入した4冊すべてが全額返金になり、そのうち3冊はAmazonの倉庫に返品された後、そのまま出品中になっていたので放置してたんですが、問題は最後の1冊。

返品受付後、この本だけ不良品扱いになってしまっていて、理由を確認してみると、「新品を購入したのに中古品が届いた」とのこと。

なにー!?と思って、こちらに返却処理してもらって、実物を見てびっくり。

なんじゃこの汚い本はー!!!(;゚Д゚)

しかも、よく見てみると、私が送ったものより版が古い!

ってことはつまり、私が送った新品本より前に発行された中古品を送り返してきたってことですよね???さすがにそれはないだろー!!!

しかも、4つの購入に対して、評価3と評価2の低評価を3つも入れてくる始末。おいおいおいおい…(-_-;)

1つならまだしも、これだけ一度にやられると、確信犯なのかと疑いたくなります。さすがに腹が立ってAmazonに抗議しましたよ!

そしたら、とにかくその証拠を送れと言われたので、仕入れ時の明細が入ったレシートと、商品登録時の情報、返却された商品画像などなど耳を揃えて送ったところ、なんとか仕入金額くらいは補填してもらえました。

でも、このやりとりに掛かった膨大な時間や、私のストレス諸々を考えたら、放っておいた方が全然お得だったんじゃ…というような金額でした(;’∀’)

なんだかもう踏んだり蹴ったりで散々な、返品事例でした。

ケース3:新品おもちゃの部品欠品

そして最後が、おもちゃの部品が揃っていないという理由での返品。

こんなおもちゃです~。

我が家は基本的に本しか扱ってないんですが、一度だけクリスマスの時期にフラッと”おもちゃせどり”に手を出したことがあったんですね。

結果的にほとんど儲からなかったんですが(^^;)、この商品は2コ仕入れたうちの方が返品されてきたんです。

購入時期は1ヶ月ほど開いてたんですが、なんとそれが同じ人!

最初の時に、購入してから3日以内に返品申請してきたのに、1ヶ月後にまた同じところから買うのっておかしくないですか?(-_-;)

返品理由は、ひとつはちょっと忘れてしまいましたが、ひとつは「部品が欠損している」という理由での返品でした。

そもそも新品で仕入れてるので、「そんなことあるか!」と思ったんですが、何しろ商品は手元にないわ、中身を見たワケじゃないので、どんな部品がないのかもわからず。

このケースの場合も、こちらがAmazon倉庫に送った商品が完品であることの証明ができないという理由で、保障の申請は通りませんでした。

って言っても、こちらが送ったのは新品ですよ、新品!

新品で仕入れてる商品の箱を開けて中身確認して写真撮って送るなんて、そちらの方が問題じゃないですか!?もはや新品じゃないでしょ、それ…(-_-;)

ここまでくると、変な詐欺の人に引っかかったんじゃないかと、疑いたくなるレベルです。

いずれにしても、こういうよく分からない商品は扱うべきじゃないな~という、貴重な教訓になった事例でした。

その後我が家では、おもちゃは商材として一切扱わなくなったのは言うまでもありません…。

Amazonマーケットプレイス返品事例・まとめ!

いかがだったでしょうか。

「ヤフオクだったらこんなのありえない…!!!」と、ヤフオクびいきの私は思うわけですが、Amazonでは結構よくある事例のようです。

こんなのがよくある事例のAmazonって一体…と思いますが、実際にこういう購入者が少なからずいる、ということが事実なんですね。

まったく今の日本人、ホントどうかしてますヽ(`Д´)ノ

というワケで、私がAmazonマーケットプレイスの販売で今までに当たってしまった、トンデモ返品事例は、こちらの3つ!

  1. 付録だけ抜かれて返品
  2. 新品を中古品とすり替えて返品
  3. 新品商品の部品が欠損しているという理由で返品

このうち、出品者への返金対象となったのは、商品をすり替えて返品されたという事実が証明できた「2」のケースだけでした。

こういうことする人にはいつか必ずバチが当たるよ!と、私はけっこう本気で思ってます。

いずれその見返りが自分の身に返ってくると思うので、不当返品でも何でも好きにやればいいですが、せめてまっとうに商売をしようと努力している出品者を巻き込まないで欲しい!と、切に願います。

ホントにこういう問題の後処理って、時間掛かるばかりで超ムダ作業なので…!

それでは、今回の記事は以上になります。いわれのない返品でお困りの出品者の方々に、少しでも参考になるところがあれば嬉しいです。

AmazonFBAの出荷時破損・返金事例についての記事です。こちらも参考にして下さい!

AmazonFBAセラーのあなた!Amazonって返品とか破損とか、非がないの...

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




★せどりに必須の売上管理ツールをただいま無料配布中!★

仕入れ金額や、売上金額など、毎月の管理に必要な数字を自動で計算してくれるツールを、現在無料で配布しております!

利益率、回転日数、月次レポートなど自動で作成されるので、とっても便利♪
解説動画付きなので、ダウンロード後すぐに使えますよ!

ダウンロードはこちらのバナーからどうぞ♪
▼ ▼ ▼ ▼ ▼


※Excelをお持ちでない方は、無料の「Googleスプレッドシート」で利用可能です(^^)