ゆうメールが届かない時の対処方法と詳しいお届け予定日数の調べ方

yu-mail-futatsu0-1

そんなに回数は多くありませんが、年に何度か、

「送ってもらったゆうメールが届きません」

という連絡をもらうことがあります。

今回の記事では、”ゆうメールが届かないという連絡をもらった!”とお困りの方向けに、ゆうメールが届くまでの日数や到着日数の調べ方などについて、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゆうメールが届かない時はどうするのか

「郵便が届きません!」という連絡をもらった場合、基本的には、

郵便局に調査依頼書を提出する

というのが正式な対応です。

ですが、この調査依頼。

提出しても、返答が返ってくるまでに、「早くても一週間、遅いと二週間くらいかかる」んですよね~(-_-;)

実際の所、

出荷から5~7日経った頃に問い合わせが来る

⇒調査書を出して、調査してもらっている間に郵便が届く

⇒「あー、良かった…!」

というパターンがほとんどなんです(^^;)

 
というパターンがほとんどなんです(^^;) 
 
 

ですので、差し出し側の対応としては、先方さんには、

「郵便局に調査依頼を出しますが、調査に2週間くらいお時間が掛かります。もしその間に郵便が届きましたら、なるべく早めに連絡をいただけると助かります。」

という返事をしておいて、取り急ぎ、調査書に書く内容をメモにまとめておきます。

大抵そのメモは使わずに終わりますが、”調査依頼を出します”と連絡した手前、依頼の準備くらいはしておこう…ということで、用意ておきます。

メモの内容はこちら。

【調査に必要な項目】

●差し出した日時

●相手の郵便番号、住所、名前、電話番号(分かる場合のみ)

●どうやって出したか(ポスト投函、集荷、窓口差し出し)

●郵便の形状(封筒、小包状、どんな宛名ラベルか等、目印になるものがあれば)

●どんな梱包材か(封筒の色、○○デパートの包装紙など)

 このくらい分かれば、十分です!

調査依頼の出し方

1. 「郵便物等自己申告受付票」を提出

郵便物等自己申告受付票3-1

そして、「これはさすがにおかしい、届かない!」となって実際に調査を依頼する時は、このような手順で進めていきます。

1. まず、郵便局の窓口で「郵便が先方に届かないんですが」と言って、「郵便物等自己申告受付票」という名前の書類をもらってくる。

※上の画像は見本の書き方の紙ですが、この紙と実際に書き込む紙を2枚セットで渡してくれます。

2. 画像の点線で丸く囲ってある部分を、用意してあったメモを参考に埋めていく。

3. 全部の項目を書き終わったら、郵便を差し出した郵便局に持って行き、窓口に提出。控えのコピーをもらう。

という流れです。

この用紙を持って行く場所は、通常の郵便を出す窓口でOKです。

どう書いたら分からない部分については、電話で聞くよりも、直接聞いて書くのがベストなので、窓口に提出する時に「ここがよくわからないのですが」と質問しましょう。

なぜなら、電話対応の人はこの書類に詳しいとは限りません。

そうなると、しなくても良い余計な説明をしなければならず、ムダに時間が掛かることになってしまうからです。

いやホント、「確認しますのでお待ち下さい」とかなんとかで、こういう問い合わせの電話って、ものすっごい時間かかるんですよ~(-_-;)

この書類の書き方は特に難しくはありませんが、機会があればまた詳しく説明したいと思います♪

2. ネットで依頼する

yu-mail-futatsu4

そして、郵便局のHPからも、同じ調査を依頼することが出来ます。

ただし、

お急ぎの場合はお近くの郵便局までお申し出ください。

と記載してありますので、購入者様に言われて探す時には、あんまりおススメしません(^^;)

ネットでいつでも出来る手軽さはあるので、「急ぎではないけど、とりあえず調査依頼を送っておこうか」ぐらいの時には、良いのではないかと思います。

この「調査に関する内容入力」は、事故調査の場合、全部で5ページ出てきます。

内容的には、書面と同じような項目が並んでいますので、順番に入力していけばOKです。

参照:郵便物等が届かないなどの調査のお申出

ゆうメールの到着日数は何日くらい?

さて、ゆうメールの到着日数の目安ですが、私の経験から言うと、出した曜日と時間帯によって変わってきます。

私は夕方頃に差し出すことが多いので、基本的には、

【当日発送扱いの場合(夕方17時頃までの集荷)】

  • 週の前半だったら⇒2日以内
  • 木曜日の出荷⇒土曜日
  • 金曜以降の出荷⇒翌月曜日

【翌日発送扱いの場合(夕方18時以降の集荷)】

  • 週の前半⇒2~3日以内
  • 木曜日以降の出荷⇒翌月曜日

と考えています。

私は関東在住で、集荷局が地域の本局なので、北への発送も南への発送も、到着日数にさほど差がない気がします。

ですが、北日本の方が南日本へ出す場合は、もう少し日数がかかると思いますし、南日本の方が北日本へ出す場合も同様です。

そこは、同じ日本国内でも、ある程度は地域差が出ると思いますので、ご自身の地域を考慮してご判断下さいm(__)m

より正確なお届け予定日を調べる方法

こんな、私的感覚によるアバウトな到着日数(^_^;)でなく、

「到着までの正確な日数を知りたい!」

という方は、こちらの郵便局公式ホームページから調べることが出来ます。

郵便物の配達にかかる日数の目安をお調べいたします。

▶参照:日本郵便公式HP~郵便物のお届け日数を調べる

お届け日数の確認手順

1. 上記URLへ移動すると、下の画像の画面が開くので、差し出し元の郵便番号と、お届け先の郵便番号を入力します。

yu-mail-futatsu1-1

2. 各郵便のお届け日数が一覧として表示されるので、上から2番め:「大型郵便物」の欄を確認します。

yu-mail-futatsu2-1

操作としては以上なのですが、実はこの表、「ゆうメール」という項目がありません。

郵便局の問い合わせ窓口に電話で確認してみたところ、”ポストに入る・入らないに関わらず、ゆうメールは、「大型郵便物」と同じ扱い”になるそうですので、ゆうメール=表の上から2番目の日数をご覧下さいね!

「郵便物等自己申告受付票」を出すタイミング

「結局、郵便事故かそうでないかの判断って、何日くらいが境目なの!?」

というのが、郵便が届かない事態に遭遇した時に、一番迷われる点だと思います。

この”郵便物等自己申告受付票”を出すタイミングなのですが、実はケースバイケースとしか言えないところがあります。

なぜかというと、

  • 差し出した曜日、時間帯
  • 相手先が、どの位差し出し地域から離れているか

などの条件によって、判断が異なるからです。

ですので、相手先に届く標準の日数を調べた上で、その辺りの条件を考慮して、調査を依頼するか、もう少し待つかを決めています。

大抵の場合、「届かない、おかしい」と思うのは、出荷から5日経った頃のことが多いです。

そして、出荷から一週間以上過ぎてしまうと、問い合わせをしても、担当の局員さんが状況を忘れてしまうため、郵便の所在が判明しづらくなります。

となると、

問い合わせがあった後、出荷から一週間前後というのが大体の目安なのではないか

というのが私個人の見解です。

最初の頃は、私もそんな判断で調査依頼を出していたのですが、最近は別の方法で荷物の状況を確認してもらっています。その方が、返事も早くて確実!なんです…!
 
こちらの方法についても、また別の記事で書いていきたいと思いますので、更新をお待ち下さい♪

ゆうメール不達時の対処、配送日数の調べ方まとめ!

それでは最後に、今回の記事の内容をカンタンにまとめてみます。

【ゆうメールが届かないという連絡をもらった時】

●郵便物・状況の詳細をメモしておく

●出荷から一週間位の間に「郵便物等自己申告受付票」を郵便局に提出する

●郵便日数を確認したい時は、郵便局HPから調べる

●事故かどうかの判断は、出荷から一週間が目安
  

ということでした。

「出した郵便が届かなくて困ったー!」という時の参考にして頂ければ嬉しいです。

最後まで読んで頂き、有難うございました(^^)/




★せどりに必須の売上管理ツールをただいま無料配布中!★

仕入れ金額や、売上金額など、毎月の管理に必要な数字を自動で計算してくれるツールを、現在無料で配布しております!

利益率、回転日数、月次レポートなど自動で作成されるので、とっても便利♪
解説動画付きなので、ダウンロード後すぐに使えますよ!

ダウンロードはこちらのバナーからどうぞ♪
▼ ▼ ▼ ▼ ▼


※Excelをお持ちでない方は、無料の「Googleスプレッドシート」で利用可能です(^^)