Amazonマケプレプライム返品!出品者が負担する費用手数料は?

makepure-tesuuryo-0

Amazonでマケプレプライムを実践しているあなた!

購入者からの返品で手数料がいくら掛かるのか不安になってませんか?

こちらの記事では、古本専門主婦せどらーのmano(@100kin_sedori)が、マケプレプライムで返品された場合の出品者側の費用負担について書いております。

マケプレプライムと通常発送では、返品時の費用負担も異なります

この記事では、返品で出品者が負担しなければいけない費用について、詳細解説しておりますので、ぜひ最後までお読みください!

スポンサーリンク

マケプレプライム返品で発生する出品者側の費用

FBA海外発送プログラム・メディア系商品手数料13-1

出品者として気になる、返品で発生する出品者負担の費用についてですが、マケプレプライムで返品された際に、掛かってくる可能性のある費用は3種類あります。

1 送付時の送料

まず必ず掛かってしまうのが、購入者に送った時の送料です。

マケプレプライムは出品者出荷の注文ですが、プライムマークが付いていることから、基本的に購入金額はすべて返金しなければなりません

この点が、送付時の送料も返品時の送料も購入者負担にできる、通常の出品者出荷とは異なりますので、注意が必要です。

2 返金手数料

次に掛かるのが、購入者へ返金する際の手数料です。

こちらは商品の金額にもよるのですが、千円単位の商品で数十円ほどですので、さほど気になる額ではないかと思います。

Amazonのカスタマーサービスに電話でいくら掛かるのか問い合わせをした時も、はっきりいくらです、と教えてくれないほどで、「掛かりはしますが、少額です」とのことでした(笑)

3 返送送料

そして3番目が、購入者から返送されてくる際の送料です。

こちらは、返品が購入者都合の場合は購入者負担とすることが出来ますので、掛かりません。

  • 間違えて注文した
  • 必要なくなった

などが購入者負担となる返品理由です。

逆に、出品者負担となってしまうのが、

  • 誤って別の商品を送ってしまった
  • 商品にキズなどの問題があった
  • 輸送の際に破損した

などの理由です。

これは、マケプレプライムでも通常の出品者出荷でも、出品者に責があるケースは返送料も出品者負担になってしまうのは、当然のことですね。

ちなみに、輸送の際に破損した場合ですが、すでに購入者から返品リクエストが届いてしまっている時は、リクエストを完了しなければなりませんので、まずは購入者様から商品を返品してもらってから、出品者が運送業者と交渉することになります。

返品リクエストが届いている状態で、購入者に配送業者との交渉を依頼するのはNGですので、ご注意ください。

Amazonに支払う手数料は?

そして、返品されたことによるAmazonに支払う手数料があるのか?という疑問ですが、これは先に書いた「返金手数料」が掛かるのみで、特に他に支払うべき手数料はありません。

Amazonには他にも沢山手数料を払ってますので、手数料が少ないのは助かりますね(^_^;)

返品に対応することで掛かる、出品者側が負担する費用については以上です。

費用負担が大きいのは送料

イプシロンゆうパック2-1

この3つの中で、出品者として一番出費が大きいのは、やはり送料ですよね!

扱ってる商品の金額にもよりますが、マケプレプライムはレターパックやネコポス、各種宅配便しか承認していませんので、この負担は正直大きいです。

しかも、Amazonは基本的には100%返品承認しなければなりませんので、いくら納得いかない理由でも拒否することも出来ません。

Amazonは「返品可能」なことを謳い文句としていますので、そのAmazonで販売を続ける限り、扱っているものがどんな商品であっても返品は避けて通れません。

これは必要経費として、甘んじて受けるしかないですね。

個人事業主の弱小出品者としては、「間違って注文した」「必要なくなった」などの理由で返品されてこないことを祈るばかりです(T_T)

購入者に連絡をする方法

せどり・ヤフオク入札予告7-1

それから最後に、返品内容を確認したいなどの理由で、返品リクエスト承認以外に購入者にメッセージを送る方法についても、確認しておきたいと思います。

購入者宛てにメッセージを送る方法は、2通りあります。

1. Amazonからの返品リクエストメールに返信

1つ目は、先ほどのメッセージ欄から返品リクエストに対して返信する方法です。

Amazonからの返品リクエストメールは、出品者・購入者双方に送られるため、購入者宛のメールもメッセージ受信ボックスに収納された状態になっています。

こちらに返信すれば、購入者様にメッセージを送ることが出来ます。

メッセージが届いている場合は、セラーセントラルトップページ右側に、下の画像のように要返信メッセージの数が表示されていますので、こちらからメッセージ詳細をご覧ください。

makepure-tesuuryo1

2. 返品リクエスト画面から送信

2つ目は、返品リクエストの画面から「購入者に連絡」を選択してメッセージを送る方法です。

返品リクエスト画面は、セラーセントラルトップページのメニューから、

【注文】>【返品管理】>「認証が必要です」

のタブを開くと表示されます。

amazon-henpin3-2

そして、該当注文の「購入者に連絡」を選択すると、次のような画面が表示されます。

amazon-henpin3-1

こちらのメッセージ入力欄に必要事項を入力して、送信してください。

ただ、返品リクエスト画面からのメッセージ送信は、購入者からの返信が必要な場合に送るフォームになっていますので、特に返信の必要がない場合は、1の「メッセージ欄からの連絡」で送信した方が良いと思います。

返品リクエストを依頼した購入者にメッセージを送る方法は以上です。

マケプレプライム返品の出品者費用負担について・まとめ!

makepure-tesuuryo-2

いかがだったでしょうか?

マケプレプライムの返品リクエスト手続きなどについて、おわかりいただけたでしょうか?

私も去年から始めたこの出品者出荷プライムですが、FBAや通常便の出品者出荷とは色々と異なる部分があって、戸惑うことがよくあります。

開始してから半年近く経つので、だいぶ慣れては来ましたが、まだ初めての事例が日々やってきます。

特にプライムは利用資格が厳しいこともあり、対応も気を遣う部分が多いですが、購入者様に気持ち良い買い物をしてもらうために、日々勉強しながら対応していきたいと思います。

それでは、今回の記事のまとめです。

●マケプレプライムの返品で出品者が負担する可能性のある手数料は3種類。

1. 商品送付時の送料は出品者負担

2. 返金手数料が数十円掛かる

3. 出品者の過失の場合は返送送料も負担

※Amazonに支払う手数料はナシ。

●出品者に連絡を送る方法は2通り。

1. 返品リクエストメールに送信

2. 返品リクエスト画面から送信

以上になります。

この記事ではマケプレプライムで返金対応なった場合の手数料について書きましたが、こちらの記事では返品リクエストが来た際の手続きを詳細解説しております。

Amazonでマケプレプライムを実践しているあなた! 購入者からの返品リクエスト...

ぜひ参考になさってください(^^)

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。manoでした!




★せどりに必須の売上管理ツールをただいま無料配布中!★

仕入れ金額や、売上金額など、毎月の管理に必要な数字を自動で計算してくれるツールを、現在無料で配布しております!

利益率、回転日数、月次レポートなど自動で作成されるので、とっても便利♪
解説動画付きなので、ダウンロード後すぐに使えますよ!

ダウンロードはこちらのバナーからどうぞ♪
▼ ▼ ▼ ▼ ▼


※Excelをお持ちでない方は、無料の「Googleスプレッドシート」で利用可能です(^^)