クリックポストの決済方法「Amazon Pay」を使うメリット!

Amazonpay-logo-0

クリックポストのログインをYahoo!とAmazonのどちらにしようか迷っているあなた!

Yahoo!ウォレットとAmazon Payのどちらで支払いしたらいいのか、お悩みではないでしょうか?

私は長らくずっとYahoo!ウォレットで決済していたのですが、とある事情で今はAmazon Payで支払いするようになりました。

今回の記事では、古本せどりを実践する主婦せどらーmano(@100kin_sedori)が、なぜYahoo!IDよりもAmazon IDでのログインを選んだのか、そのメリットデメリットをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Yahoo!ID vs Amazon ID

amazon-vs-yahoo-1

クリックポストにログインする方法は、サービス開始当初よりYahoo!ID一択でしたが、2019年3月12日からは、「AmazonID」の利用が可能になりました。

これによって、支払い方法も必然的に、「Yahoo!ウォレット」か「Amazon Pay」か、ログインした方のサービスで使われている決済方法を選ぶことになります。

つまり、

●Yahoo!で決済したい場合は、Yahoo!アカウントでログイン

●Amazon Payで決済したい場合は、Amazonアカウントでログイン

という方式に変わったということです。

ログイン後では支払い方法の変更は出来ませんので、ご注意くださいね。

Yahoo!IDでクリックポストにログインするデメリット

クリックポスト屋号変更15-1

そこでまず初めに Yahoo!ID を使うデメリットですが、これはもう、

「ログインが認証コードになって面倒になった」

これに尽きます!

自分のスマホで自分だけIDを使っている場合は特に問題ないのですが、私のように夫婦でヤフオクをやっていて、パソコンでのログインが多い場合、Yahoo!ID へのログイン方法が認証コード方式に変更になったのは、改悪以外の何物でもありません。

パソコンでのログインが不便

特に、クリックポストはラベルを印刷しなければいけないので、スマホではまず手続きしません。

パソコンで宛先情報を入力→プリンタで出力

という作業の流れになりますので、必然的にパソコンでクリックポストにログインすることになります。

なのに、その時のログイン方法が認証コードだと、これがもう本当に面倒くさい!

以前の記事でも書いたことがありますが、我が家はヤフオク用とAmazon用でIDを使い分けているので、夫名義のIDでログインすることも毎日のこと。

発行する時に近くにいないことも多いので、その都度わざわざ連絡して、認証コードを送ってもらわなければいけないのは、本当手間でした。

認証コードの入力期限が30秒

しかもですねー、この認証コード、期限がやたら短くて30秒以内に入力しないといけないんですよ!30秒!

「ちょっとまって、30秒ってムリじゃない!?」と思っちゃいますよね。(-_-;)

まあ実際は30秒過ぎてもしばらくは大丈夫みたいなんですが、コード送られちゃってから夫を探して、「あれ、部屋にいないよ!?」とかなったりすると、あっという間に期限切れになることもしばしばでした。

メール認証は使えない

そしてYahoo!IDは、何度か認証コードでログインを失敗すると、「他の方法でログイン」というリンクが出て、メール認証に切り替えることが出来るんです。

「お、これにしちゃえばいいんじゃない!?」と思って、何度か設定したことがあるんですが、これがまたホントに使えなくてですね。

何度設定をやり直しても、次にログインする時にはまたスマホへの認証コードに戻ってしまうんです。

結局、設定してもメール認証が出来るのは直後の一度きり。

もういい加減、メール認証でログインするのは諦めました(-_-;)

Yahoo!ウォレットがよくわからない!?

そして、Yahoo!はAmazonと比べて多種多様なサービスがあるため、支払い関連を「Yahoo!ウォレット」というサービスで管轄しています。

なのですが、ヤフオクを使い始めて早20年近くが経ちますが、このヤフーウォレットというものが今ひとつよくわからない…(^_^;)

Yahoo! のサービス上で使うクレジットカードの登録を変更したりするのが、このYahoo!ウォレットなのですが、ウォレットはパスワードが専用のものを設定するんですよね。

ですが、滅多にウォレット関連の操作をしないので、専用パスワードがどれだかわからなくなってしまったり、そもそもYahoo!ウォレットがどこからアクセスするのか分からなかったり、何かと分かりづらい気がします。

AmazonIDでクリックポストにログインするデメリット

Amazon返品事例1-1

次に、AmazonIDでログインする際のデメリットです。

こちらも問題はログインに関してなのですが、過去にそのブラウザを使ってどのAmazonIDでログインしていたか?によって、AmazonIDが自動で選択されます。

つまり、

  • Google Chrome ⇒ 夫名義のID
  • Firefox ⇒ 自分名義のID

とAmazonIDを使い分けていた場合、Chromeでクリックポストを開けば自動的に夫名義のAmazonIDが適用され、登録者情報も夫の情報が反映されます。

Firefoxでログインすれば、自動的に自分名義の情報でログイン出来るわけです。

複数ID、共用パソコンでは要注意

これがどういう問題を引き起こすかというと、家族で別々の AmazonID を持っている場合、そしてパソコンが共用だった場合です。

誰かがそのパソコンで自分の ID で Amazon で買い物し、そこで ID がチェンジされていたのを知らずに、自分の ID だと思ってクリックポストにログインして印刷してみたら、差出人が自分の名前じゃなかった!

なんてこともありうるわけです。

今はログイン時に「●●●●さんとしてログインしますか?」という確認メッセージが表示されるようになったので、その確認メッセージを見落とさなければOKなのですが、うっかり思い込みで確認しないで印刷してしまうと、ちょっと面倒なことになります。

私はこれで一度ヤフオク個人名義で送らなければいけないものを、Amazon屋号で出荷してしまったことがありました。

思い込みって危険です(-_-;)

毎回のクレジットカードの選択

そしてもう一つ、AmazonPayは、利用するその都度、支払いのクレジットカードを選択することが可能です。

これが便利なこともあれば、煩わしいこともあります。

Yahoo!IDはクレジットカードの登録は一枚なので、その都度決済カードを選択することはありません。

一方、AmazonIDでは、毎回聞かれる上に、前回使用したカードが設定に残らないことも多く、その都度選択しなければならないのがひと手間かかるんです。

利用するのがたまにならあまり気になりませんが、毎日のように利用する場合は、この一手間が段々面倒に感じて来ます。

その点に関しては、今の所解決方法がないので、仕方なく毎回選択していますが、せめて前回使ったカードを最優先候補にしてほしいな…と思っています。

取引ナビブラウザから決済ができない

そして、私的にAmazonIDでの利用で一番問題なのが、取引ナビブラウザからのワンクリック発行ができないこと!

この取引ナビブラウザの宛先情報を、ワンクリックですべてクリックポストの画面に反映されるのが、すごくすごく便利だったんです!

なのに、AmazonID のログインでは、データの入力までは出来るのですが、決済でエラーが出てしまうんです。散々試しましたが、結局使えるようになりませんでした。

あまりにも困って、取引ナビブラウザの制作元にも連絡してみたのですが、何の返答もないままもうかなりの日数が経つので、多分今でも実装されていないと思います。

ヤフオクの仕様変更にはすぐ対応してくれる、大変便利なソフトなのですが、AmazonPayで支払い出来ないことだけが、本当に残念…。

もし実装されていたらぜひぜひ教えてください!!

どちらも問題があるけどAmazon IDを選択した理由

amazon-vs-yahoo-2

とまあ、ここまでデメリットばかり書き連ねて来ましたが、結局のところ、現在はAmazonIDでログインしています。

なぜかというと、やっぱりYahoo!の携帯でのログイン認証が一番面倒な作業だからです。

逆に言うと、携帯認証さえなければ、問答無用でYahoo!IDを使います

なぜかと言えば、クレジットカードを選択する手間もないし、ログインIDも他人のものと間違えることがない。

そして、取引ナビブラウザの宛先データ転送は本当に魅力的なので!

特に私のような制限のない方は、上記に書いたデメリットを比べてみて、ご自身の作業環境で問題の少ない方をお選び頂ければと思います。

いずれも、メリットは目立った差はなく、デメリットで比べる方が選びやすいと思いますので。

ちなみに、Amazon Payについては、公式の動画で紹介されていますので、まだ利用したことがない方は一度ご覧くださいね!

クリックポストをAmazon IDで使うメリット・まとめ!

202004-click-neage-0

ということで、クリックポストにどちらのIDでログインするか?ということについて書いて来ましたが、いかがだったでしょうか?

「どちらも特に問題ないわ~」という方は、普段からよく利用する方のサービスIDを選んで頂ければ良いと思います。

私的には、

早く取引ナビブラウザが、AmazonPayに対応してくれないかな!

もしくは、

早くYahoo!がログインを元に戻してくれないかな!

と願っております…。

それでは最後に、今回の記事のまとめです。

●Yahoo!IDのデメリット

  • パソコンでのログインが不便
  • 認証コードの入力期限が30秒
  • メール認証は使えない
  • Yahoo!ウォレットがよわかりづらい

●AmazonIDのデメリット

  • 複数ID、共用パソコンではログインIDに要注意
  • クレジットカードの選択必須
  • 取引ナビブラウザから決済ができない

以上になります!

今回の記事が、クリックポストの決済方法選択で迷ってらっしゃる方の参考になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました!manoでした(^^)




★せどりに必須の売上管理ツールをただいま無料配布中!★

仕入れ金額や、売上金額など、毎月の管理に必要な数字を自動で計算してくれるツールを、現在無料で配布しております!

利益率、回転日数、月次レポートなど自動で作成されるので、とっても便利♪
解説動画付きなので、ダウンロード後すぐに使えますよ!

ダウンロードはこちらのバナーからどうぞ♪
▼ ▼ ▼ ▼ ▼


※Excelをお持ちでない方は、無料の「Googleスプレッドシート」で利用可能です(^^)